NPO法人みどり会|宮城|福祉|就労支援

 

2015年

 

情報広場について

情報広場について
 
 このページでは、主に仙台市内のメンタルヘルスに関する情報を掲載しています。
 

記事

記事
フォーム
 
仙台市の家族教室 4月
2016-03-29
 仙台市の家族教室 4月
 
 ◎青葉区 精神障害者家族のつどい
 ●情報がありません。
 ●問い合わせ 青葉区障害高齢課 電話022-225−7211(内線6756) 
 
  ◎精神保健福祉家族教室
 
 ●情報がありません。
 ●問い合わせ  宮城総合支所保健福祉課 電話022-392-2111 (内線5242)
 
 
 
 ◎泉区 精神障害者家族教室
 
 ●情報がありません。
  ●問合せ 泉区障害高齢課022-372-3111(内線 6754・6757)
 
 
◎太白区 精神保健・家族おしゃべりサロン
 
心の病気がある方の家族のための交流を行います。
初めて参加を希望する方は事前にご連絡ください。
 
  ●日時 4月20日(水)13:30〜15:30 
 
 ●会場 太白区役所2階 第1会議室 
 
 ●対象 精神障がいがある方の家族の方
 
 ●内容 心の病気がある方の家族のための交流会
 
 ●初めて参加する方は、事前にご連絡ください。
 
 ●申込・問合せ 太白区障害高齢課022-247-1111(内線6755〜7)
 
 
 
 
 ◎若林区 精神保健家族交流会
 
 講話と懇談を中心とした活動です。
 始めて参加する方は、事前にお問い合わせください。
 
 ●日時 4月18日(月)13:30〜15:30 
 
 ●会場 若林区役所3階 
 
  ●初めて参加する方は、事前にご連絡ください。
 
  ●申し込み・問合せ 若林区障害高齢課022−282−1111(内線6752)
 
 
 
 ◎宮城野区 精神保健家族教室
 
 こころの病を抱える方の家族同士で、話し合いや学びあいをしてみませんか。
 
 ●日時 4月18日(月)13:30〜15:30 
 
  ●会場 宮城野区役所3階 
 
 ●初めて参加する方は事前にご連絡ください
 
  ●申し込み・問合せ 宮城野区障害高齢課022−291−2111(内線6753)
 
 
 
 
仙台市各区保健所/4 月 こころの病気で治療中の方のつどい
2016-03-29
 仙台市各区保健所/4 月 こころの病気で治療中の方のつどい
 
   
 
◎青葉区、泉区、宮城野区については、情報がありません。
 
 
 
◎若林区  精神障害者のための小集団活動「四つ葉会」
 
参加者の希望をもとに、レクリエーションなどを行っています。
 
統合失調症やうつ病等で在宅治療を続けている方、一緒に話をしたり、出掛けたりしてみませんか。
 
 日程、内容についてはお問い合せください。
 
  ●若林区障害高齢課 022−282−1111(内線6753)
 
 
 
◎太白区 こころの病気で治療中の方のつどい(四ツ葉会・ひかりのとも)
 
月2回程度集まり、レクリエーションや創作活動を行っています。詳しくは、お問い合わせください。
 
 ●問い合わせ・申し込みは、電話で太白区障害高齢課まで。022-247-1111(内線6755〜7)
 
ナイスハートバザールinせんだい~春~
2016-03-24
ナイスハートバザールinせんだい~春~
 
●日時 4月1日(金)~4月6日(水)10:00~20:00(最終日のみ19時)
 
●会場 JR仙台駅2階ステンドグラス前
 
初の「春」開催です。「とっておきの商品」が勢ぞろい!!
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.miyagi-selp.org/topics/30433.html 
 
日本で家族支援をどのように実現していくか 佐藤 純氏の講演録
2016-03-12
 日本で家族支援をどのように実現していくか 佐藤 純氏の講演録
 
≪みんなねっと2012年7月号の特集より≫
3月2日に、家族支援をテーマにした「みんなねっとフォーラム2011」を開催しました。今年度は「わたしたちの求める家族支援~日本で家族支援を実現するために今、できること~」と題し、講演とシンポジウムを行いました。イギリスでは、精神疾患や障がいのある人の家族へのケアを、国を挙げて取り組んでいます。日本ではまだ、そのような支援システムを構築するには至ってませんが、障がい者本人だけでなく、家族への支援の必要性が叫ばれ、少しずつ意識されてきました。これからは、実際に日本で実現していくために、具体的な方法を明確にしていくことが大切になってきます。その具体的な支援について、本フォーラムで講演していただきました。
 
次のサイトをご覧ください。⇒http://seishinhoken.jp/attachments/view/articles_files/src/d977d6eb474bb1ba75d7bff22f497acd.pdf
 
 
認知症列車事故、JRの賠償請求棄却…最高裁
2016-03-01
 認知症列車事故、JRの賠償請求棄却最高裁

引用元;2016年0301 1516 yomiuri online

認知症男性(当時91歳)が徘徊(はいかい)して列車にはねられた事故を巡り、JR東海が男性の遺族に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、家族の責任を認めて賠償を命じた1、2審判決を破棄し、JR東海の請求を棄却する判決を言い渡した。

遺族側の逆転勝訴が確定した。

判決によると、愛知県大府(おおぶ)市の男性は2007年12月、当時85歳だった同居の妻(93)がうたた寝をしている間に外出。JR東海道線の駅構内で列車にはねられ死亡した。JR東海は10年2月、男性の妻や長男(65)らに計約720万円の賠償を求めて提訴した。

 1審・名古屋地裁判決は、長男の監督義務と妻の過失をそれぞれ認定し、2人に全額の賠償を命じた。2審判決は、妻のみに監督義務を認めたが、「相当に充実した介護態勢を構築していた」などとして賠償額を約360万円に減額した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160301-OYT1T50137.html

 

(1)参考にご覧ください、判決の解説です。引用元;東洋経済online 3月4日(金)⇒http://toyokeizai.net/articles/-/107658

 

(2)参考にご覧ください。認知症、地域の連携体制構築 鉄道事故判決受け厚労相
引用元;日本経済新聞電子版 2016年3月8日
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H2O_W6A300C1000000/
 

 


 

 

<<NPO法人みどり会>> 〒984-0826 宮城県仙台市若林区若林2-5-5
SKビル 2-B (みどり工房若林内) TEL:022-762-7610 FAX:022-762-7611