NPO法人みどり会|宮城|福祉|就労支援

 

2018年

 

情報広場について

情報広場について
 
 このページでは、主に仙台市内のメンタルヘルスに関する情報を掲載しています。
 

記事

記事
フォーム
 
(社説)優生手術救済 検証と謝罪が問われる
2018-12-14
(社説)優生手術救済 検証と謝罪が問われる

 まだ課題が山積みだ。救済制度のあり方だけでなく、過去の検証と謝罪が問われている。

 旧優生保護法のもと、障害のある人たちが不妊手術を強いられた問題で、与党のワーキングチーム(WT)と超党派議員連盟が救済法案に関する基本方針をまとめた。

 被害者の請求に基づき、一律の一時金を支給する。制度を周知するため、障害者手帳の更新時に案内したり、医療機関や福祉施設から申請を呼びかけてもらったりすることが示された。

個別の通知は見送られた。手術について周りに知られたくない人もいて、郵便などで知らせると混乱しかねないという。

 プライバシーへの配慮は重要だ。だが、障害のため被害を自覚しておらず、事情を知る親は他界した人も少なくない。

 いまの案では十分な救済を期待できない。知的障害者の団体は、守秘義務がある公務員が直接伝えることを提言するという。残された記録では氏名や連絡先もわからないケースの追跡調査とともに、幅広い救済につながるよう、関係者でさらに知恵を絞ってほしい。

 被害者からの請求は、厚生労働省に置く認定審査会が審査する。医学や法律、障害者福祉の専門家がメンバーとして想定されているが、問題を長年放置してきた厚労省に認定を求める形となるだけに、被害者側は反発している。納得を得られる仕組みが必要ではないか。

 救済法案では前文で、被害者が受けた心身の多大な苦痛に触れつつ「我々は、真摯(しんし)に反省し、心から深くおわびする」とうたうことになった。

 「我々」とは誰なのか。与党WT座長の田村憲久衆院議員(自民)は「政府と国会が含まれる。広くは地方自治体、優生思想という風潮があったことからすると社会も含まれるかもしれない」と説明する。旧優生保護法が議員立法で成立し、政府の方針に従って自治体が競うように手術を推進した経緯を踏まえた発言だろう。

 人権を踏みにじる政策がなぜ立案され、歯止めがかからないまま2万5千人もの人に優生手術が行われてしまったのか。その過程と責任の所在を明らかにする検証作業が欠かせない。

 基本方針は「調査のあり方について法案の国会への提出までに検討する」と触れただけだ。過ちを二度と繰り返さないためにも、早急に検証態勢を整えるべきだ。

 被害者側は国による謝罪を求めている。その思いにこたえなければならない。
 
 
引用元;朝日新聞デジタル 2018年12月14日05時00分
⇒⇒https://www.asahi.com/articles/DA3S13810814.html?ref=nmail_20181214mo
 
 
【茨城】障害者、正社員で安定 都内の企業 牛久に県内2カ所目開所
2018-12-13
【茨城】障害者、正社員で安定 都内の企業 牛久に県内2カ所目開所
 
 障害者雇用を進める企業「平山LACC(ラック)」(東京都港区)が牛久市に支店をオープンした。県内で二カ所目。障害者を正社員として雇い、自動車部品の加工や菓子箱の組み立てなどの作業に当たってもらう。来年四月からは、就職に必要な知識や技能を身に付けてもらうための就職支援や生活介護も始め、障害者雇用の拠点づくりを目指す。(水谷エリナ)
 
 平山ラックは、製造業の請負やコンサルティングなどをする「平山ホールディングス(HD)」(東京都港区)の子会社で、障害者に安心して働ける環境を提供することを目的にする。
 
 会社設立は、役員の東政樹さんが提案した。社会福祉協議会に勤めていたころ、障害者の給料が安いことなどから「親が亡くなったら、どうやって生きていくのか」と心配し、生活水準を高めるための会社をつくりたいと考えた。それに、HDの平山善一社長が共感し設立された。
 
 稲敷市に支店を開設し、障害者を正社員として雇い、主に室内でできる作業をしてもらっている。採用に前向きな企業への紹介、障害者雇用のコンサルティングもしている。
 
 また、支店は、障害や体調のために安定した勤務が難しい人のために、雇用契約を結ばずに働ける障害者総合支援法に基づいた「就労継続支援B型」の事業所としても利用できる。
 
 牛久支店は十一月十六日にオープンし、三人の障害者が正社員としてスタート。最大二十人程度、雇用できるという。社員の内藤典之さん(34)は「新しい会社で働けることになり、うれしい」と喜ぶ。平山社長は「障害のある人にやりがいを持って働いてもらいたい」と話す。
 
 問い合わせは稲敷支店=電029(846)5015=へ。
引用元;東京新聞 TOKYO Web 2018年12月12日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201812/CK2018121202000153.html
 
背中を押してほしいです
2018-12-13
背中を押してほしいです
 
妹が統合失調症です。

彼氏に打ち明ける勇気をください。
付き合って1年半の彼氏がいますが、妹が統合失調症であることを打ち明ける事ができません。妹は最近初期の統合失調症と診断され、病院で薬を処方してもらっています。現在症状は安定していますが、23歳になる今まで働いたことが無く、社会経験がありません。
 
彼とは結婚したいと考えており、妹のことを話さなければと思います。経済面、将来の介護等は後々はっきり決めなければいけませんが、まずその前に彼に事実を打ち明ける勇気がなく伝えられていません。
 
彼には「話さなければいけない事がある」とは言ってありますが、いざ顔を見て話そうとすると嫌われたらどうしよう?受け入れられなかったら?と不安になってしまいズルズル言えずじまいです。
 
彼はとても優しくていい方です。しかし、「世の中には精神病や障害者の方を絶対に受け入れられない方は一定数いる」と言うのが私の考えにあり、どんなに彼がいい人でも、もしその一定数の1人だったら?と思うと怖くてたまりません。
 
話さなければ私達の関係が前に進めないのは分かっています。大切な家族の事だから大好きな彼にもちゃんと伝えたい。でも、今の幸せが壊れてしまうのがこわいです。

彼が受け入れられなかったら別れようと思っています。しかし、別れたくない自分がいます。
 
ここで沢山の方の統合失調症にまつわるトピを見てきました。皆様の色々な意見を聞いて、彼に打ち明ける勇気をいただきたいてす。
 
引用元;読売新聞 発言小町 2018年12月10日
⇒http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2018/1210/876994.htm
 
MMRワクチンと自閉症の因果関係を検証するには
2018-12-12
MMRワクチンと自閉症の因果関係を検証するには

 前回まで取り上げてきたMMRワクチンが、自閉症(自閉症スペクトラム障害)と因果関係があるかどうかを検証したいとしましょう。ワクチン接種後に自閉症を発症した例をたくさん集めて、それぞれの症例を詳しく調べてみても因果関係はわかりません。ワクチンとは無関係に自閉症を発症する例がいくらでもあるからです。
 
MMRワクチンの集団接種開始の前後で自閉症の発症率を比較するのは、それほど手間がかからない方法です。ある国で、ワクチンの集団接種が開始されたとたんに自閉症の発症率が増加すれば、ワクチンが自閉症の原因であるかもしれない、というぐらいは言えます。ただ、決定的な証拠とはほど遠いです。
 
 なぜなら、自閉症の発症に関係する要因はワクチン以外にもいくらでもあるからです。とくに自閉症については、病気の理解が進んで積極的に診断されるようになったことが診断数の増加につながっています。ワクチンのせいで自閉症が増加したのか、それとも時代とともに診断につながる事例が増えたのか、前後比較だけでは区別が困難です。
 
 A国・B国・C国でそれぞれ違う年代にMMRワクチンが導入され、それぞれの国でワクチン接種に伴って自閉症が増えていれば、これはだいぶ因果関係があることを示していると言えます。しかし実際には逆に、日本においてMMRワクチンの集団接種が中止されて単独接種が行われていた時代にも自閉症が増加しており、自閉症の増加はワクチン以外に原因があることが示唆されました。こうした疑問点の指摘にウェイクフィールド監督からの回答がなかったことが、映画「MMRワクチン告発」の公開中止理由の一つです。
 
 前後比較ではなく、同時代のワクチンを接種した集団と接種しなかった集団を比較すれば、時代の変化に伴う他の要因の影響を受けません。ランダムに接種群と非接種群に分ければ、ワクチン接種以外の要因の影響を厳密に取り除けます。ランダム化比較試験といって、新薬の効果を評価するときによく使われる手法です。しかし、非接種群に振り分けられる人が不利益を被るという倫理的な問題や、まれな副作用を検出しようとすれば試験対象の数が大きくなりすぎることから、MMRワクチンと自閉症の関係を調べるのに不向きです。
 
 ランダムに接種群と非接種群を分けるのではなく、自発的に接種した群と接種しなかった群を長期間観察して自閉症がどれぐらい発症したかを比べるという手法があります。コホート研究といいます。たとえば、デンマークにおいて50万人以上もの子どもを対象に、ワクチン接種群と非接種群を比較して、自閉症の発症率に統計学的に有意な差がなかったことが示されています。デンマークにはすべての子どもについてワクチン接種歴や自閉症の診断の情報が利用できる住民登録システムがあるためこういう研究が可能でした。
 
 厳密に言えば、自発的にワクチンを接種した群と接種しなかった群は、ワクチン接種歴以外のさまざまな要因が異なります。ワクチンを接種しなかったのは、ワクチン接種前から健康に不安があったのかもしれませんし、親が忙しくてワクチン接種に連れて行く時間がなかったかもしれませんし、ワクチンに害があると信じてワクチンを拒否したのかもしれません。こうした要因の影響は可能な限り取り除かれていますが、影響がゼロという保証はありません。
 
 前回、「現在ではほぼ結論が出ています」と私は書きました。「ほぼ」というのは、上記のような、ごく一部に不確実な部分があるからです。完全に100%因果関係を否定することは原理的に不可能です。これはMMRワクチンと自閉症に限らず、ほかのすべての医療について同じことが言えます。医療は不確実なのです。ただ、MMRワクチンと自閉症の間に因果関係が仮にあったとしてもきわめて弱い、とは言えます。強い因果関係があったらなら各研究で検出されるはずです。MMRワクチンがもたらす利益のほうがずっと確実でかつ大きいため、ワクチンは推奨されています。

 ※参考:Madsen KM et al., A population-based study of measles, mumps, and rubella vaccination and autism., N Engl J Med. 2002 Nov 7;347(19):1477-82.
 
引用元;朝日デジタル アピタル・酒井健司
2018年12月10日06時00分
⇒https://www.asahi.com/articles/SDI201812076101.html?ref=apimag1812_sp_con_mailm_1212_19
 
 
華やかな新婚生活 ADHDの人に潜むお金の落とし穴
2018-12-12
華やかな新婚生活 ADHDの人に潜むお金の落とし穴
 
 このコラムでは、ADHDに悩む30代女性・リョウさんのお話を続けています。新婚のリョウさんは前回までに、夕食がどうしても夜11時になってしまうという難題を克服するため、親友のミズホさんから「三つの秘訣」を伝授してもらいました。

 そして、買い物を週1回のネットスーパーですませ、平日の夕ご飯は定番の簡単メニューにすることなどで、なんとかまともな時間に夕ご飯を用意できるようになったのでした。

 ところが、リョウさんはまた別の問題で頭を抱え始めていました。
 
 リョウさんは、毎日多彩な家庭料理で家族をもてなしたい、という「理想の新妻像」に憧れを持っていました。夕食を定番の簡単メニューですませることについて、頭では「こうするしか生活がまわらない」とわかっていたつもりでした。しかし、心では、さえない食卓に物足りなさを感じて「どこかで穴埋めしたい」と思っていました。

 その穴埋めのために、リョウさんは、こんなことをしていました。
 
 リョウさんも夫もふたりとも、お酒は大好きです。出会いもまたバーですから、平日でも毎日のようにお酒を飲みます。リョウさんは憧れの新婚生活がスタートしたのですから、少しでも夫を喜ばせたいと思っています。なので、夕食が簡単な代わりに、毎日シャンパンやワインを用意するようになりました。それに合うようなチーズもナッツも欠かせません。
 
 休日には、ふたりで高級レストランに行きました。夜景のキレイなレストランで、フレンチのコース料理も味わいました。食事だけでなく、また夫を喜ばせたい気持ちだけでなく、リョウさんはファッション雑誌などでステキなコーディネートを目にするとつい欲しくなって、衝動的に夫に素敵なマフラーや、コートや、靴を買いました。そうです。ADHDの衝動性がここでも発揮されてしまったのです。

 こうして、キラキラとした、生活感のない楽しい日々が続きました。そのため、前回のお話まで険悪なかんじになっていた夫婦仲は、あっという間に修復できました。

 
 そんな幸せな生活に陰りが見えたのは、翌月のことでした。リョウさんのもとに、クレジットカード会社から「残高不足で引き落とせない」という通知が届いたのです。そうです。お察しのとおり、リョウさんは、収入よりもはるかに高い生活費を浪費していたのです。
 
 実はADHDの方には、こうしたクレジットカードの使い過ぎの問題が多く見られます。中には、クレジットカードを使いすぎた分をなんとか取り返そうと、パチンコなどのギャンブルにはまってしまう人もいます。

 リョウさんは、急いで延滞金も含めたお金を振り込みました。幸い他の銀行口座に残っていたお金で払える額だったのです。でも、内心ドキドキしていました。
 
 リョウ 「どうしよう。ちょっとやりすぎたね。まさかこんな額になっていたなんて。今月こそ気をつけないと。こういうの繰り返してるとブラックリストにのるのかな? そしたら、将来ローンって組めなくなるのかな」
 
 リョウさんは、家計簿をつけません。こんなふうに残高不足の通知が来たり、電気や水道の支払いが遅れて止められたりしたことは、初めてではありません。そんな嫌な失敗経験から、リョウさんはお金の話題は恐ろしく苦手で、家計簿をつけることを避けていたのは自然なことでした。
 
 どんなに親しい間柄でも、避けてしまう話題というものがいくつかあります。そのひとつがお金の話題です。

 リョウさんは、親友のミズホさんにもこうした一連のお金の話ができずにいました。お金の話をしたら今度こそ愛想を尽かされてしまいそうですし、下手をすれば借金を申し出られるのではないかと警戒されてしまうかもしれません。ましてや夫には、もっと話すことができませんでした。夫は家計をリョウさんにまかせきりで、関心も疑問も抱いていないようでした。

 もっといえば、夫もまたADHDの傾向が強い男性でした。そのため、「こんなキラキラした生活でお金が多少かかろうと、今さえよければいいじゃないか」といった刹那的な考えを持っていたようです。夫婦ふたりともがこのようなかんじなので、誰も止める人がいなかったのです。
 
 リョウさんはなるべくお金のことを忘れて、明るく生きて行きたいと思っていました。とにかく少しだけ使い過ぎに気をつければ、独身時代のように、なんとかなると信じていたかったのです。
 
 夫はそんな事情を知らずに、週末の温泉旅行を提案しました。リョウさんは、お金のことが頭をよぎりましたが、「たまにはいいじゃないか。旅行くらい誰でも行ってる」と考え直して、その提案に乗りました。

 無事に楽しい旅行を迎え、チェックアウトのときに恐ろしいことが起こりました。リョウさんが会計をすませようとしたところ、ホテル代のカード決済ができなかったのです。不足額はこの前、振り込んだはずなのに……。リョウさんは、とっさに夫にウソをつきました。
 
 リョウ 「このカード、磁気がおかしくなったのかな。なんか使えないみたいで」
 夫がクレジットカードで支払ってくれましたが、リョウさんは、いてもたってもいられない気分でした。

 いっそこの時真相がバレていたら、長い目で見れば楽になれたかもしれません。夫婦で一緒に経済感覚を戻していくきっかけになっていたかもしれません。

 しかし、ここでリョウさんはまたひとりで抱えこんでしまったのです。
 
 さてどうする。リョウさん。再びピンチ!
 
<<NPO法人みどり会>> 〒984-0826 宮城県仙台市若林区若林2-5-5
SKビル 2-B (みどり工房若林内) TEL:022-762-7610 FAX:022-762-7611