NPO法人みどり会|宮城|福祉|就労支援

 

2018年

 

情報広場について

情報広場について
 
 このページでは、主に仙台市内のメンタルヘルスに関する情報を掲載しています。
 

記事

記事
フォーム
 
かつて精神疾患の治療法として用いられたロボトミー手術
2019-02-04
かつて精神疾患の治療法として用いられたロボトミー手術を受けた患者のビフォア・アフター写真(1940年代)
 
 1935年、ポルトガルの神経科医アントニオ・エガス・モニスは2匹のチンパンジーの脳の前頭葉を切除し、神経回路を遮断する外科手術を行った。
 
 その結果、手術を受けたチンパンジーの凶暴性がおさまり従順になったことから、モニスは人間にもこの実験を繰り返し、まもなく精神疾患の画期的な治療法として論文を発表した。
 
 これがロボトミー手術(前頭葉白質切断術)である。
 
 当時は重篤な精神疾患の症状を抑える治療法が他になかったことから広く行なわれるようになったが、その副作用はあまり報じられなかった。
 
 これらの写真は1940年代にロボトミー手術を行っていた医師が、患者の術前と術後を撮影したものである。
 
■ ノーベル医学賞を受賞したロボトミー手術

 1945年から1947年の間に、およそ2000件のロボトミー手術が行われたが、1949年にモニスがこの発見でノーベル生理学・医学賞を受賞すると、手術件数は1万8000件に増大した。
 
 当時は患者の興奮状態や幻覚症状、自己破壊行動や暴力などの症状を抑える有効な治療法がなく、統合失調症、双極性障害、その他の精神疾患をもつ重篤患者に対する抜本的な治療法として注目を集めた。
 
 この手術(モニス術式)はは脳内白質を切断する専用の器具を開発し、頭蓋骨に穴をあけ、前頭前野と視床をつなぐ神経線維の束を物理的に切り離すというものだ。
 
 1936年、アメリカの神経科医ウォルター・フリーマンらが改良を加え、1940年代には短時間で行なえる術式(経眼窩ロボトミー)が開発された。
 
 この術式は、右の瞼の裏から眼窩にアイスピック状の器具を差し込み、頭蓋骨の最も薄い部分を破砕して前頭葉に到達し、前後にそれを動かす事で、前頭前野皮質への神経繊維を無造作に切裁するというものだ。
 
 フリーマンはこの手術をわずか12分で行い、ロボトモービルと名づけたバンでアメリカ中を巡回しながら、田舎での出張手術を行ったという。

■ 当時あまり報じられなかった副作用

 確かにロボトミーを受けた患者の大部分は、緊張や興奮などの症状が軽減したが、その副作用については広く伝わっていなかった。また、長期的影響もほぼ不明だった。
 
 無気力、受動的、意欲の欠如、集中力低下、全般的な感情反応の低下などの症状が多くの患者に現れたのだ。
 
 フリーマンら、ロボトミー手術を行った医師たちは、この手術がもたらす副作用をたびたび見過ごした。
 
 患者がおとなしくなる外見的な状態ばかりに注目し、人為的に人間性を奪い廃人状態にしてしまうことには触れずに、家族の負担が減ると絶賛した。

■ ロボトミーの有効性を証明するために使用された比較写真

 以下の写真は、フリーマンが患者の術前・術後を撮影したもので、この手術を肯定する論拠として利用されていたものだ。(略)

 1950年代半ばに入り、精神病患者の治療や症状緩和に効果的な薬が普及すると、ロボトミーはほとんど行なわれなくなった。
 
References:
Lobotomy / ロボトミー / Creepy Before And After Pictures Of People Who Underwent Lobotomies/ written by konohazuku / edited by parumo
 
引用元:BIGLOBE ニュース
⇒https://news.biglobe.ne.jp/trend/0203/kpa_190203_9027956034.html

 
 
 
猫の寄生虫でヒトの統合失調症リスク向上か
2019-02-04
猫の寄生虫でヒトの統合失調症リスク向上か
 
オランダの研究チームは、猫に感染するトキソプラズマがヒトの統合失調症リスクを高めるとする研究結果を発表した。論文は電子ジャーナルサービス「ScienceDirect」に掲載された。
 
研究チームは8万人のドナーの血液を検査し、トキソプラズマに感染した人が統合失調症になるリスクは5割近く高いと明らかにした。
こうした結果は出たが、トキソプラズマが統合失調症の原因であるとは断言できない。これは可能性のある原因の1つに過ぎない。
 
トキソプラズマへの感染経路としては、生肉食や感染した動物との接触などがある。
 
トキソプラズマへの感染は世界的に確認されている。米国だけで感染者は6千万人を超える。
 
引用元:テック&サイエンス 2019年02月03日 08:16
⇒https://jp.sputniknews.com/science/201902035880205/
 
障害者対象、初の国家公務員試験 倍率13倍の申し込み
2019-02-03
障害者対象、初の国家公務員試験 倍率13倍の申し込み
 
 中央省庁での障害者雇用者数の水増し問題を受け、政府が初めて行う障害者対象の国家公務員統一試験が3日、全国9都道府県の22会場で実施された。676人の採用枠に対し、約13倍となる8712人が申し込んだ。この日の1次選考は筆記と作文で、2次選考を経て年度内に採用が決まる。
 障害者雇用の水増し問題を受け、政府は法定雇用率を達成するため、2019年末までに約4千人の障害者を採用する計画を立てた。応募者は全国の17~59歳(1月1日時点)で、保持する手帳別でみると精神障害者保健福祉手帳57%、身体障害者手帳など40%、知的障害者らの療育手帳など3%となっている。
 1次選考は高卒程度の知識を問う筆記(90分)と作文(50分)の試験。人事院は、聴覚過敏の人には耳栓、手が不自由な人には手を補助する器具を使うことを認めたほか、視覚障害者が点字で問題を読む時間を考慮し、筆記試験の時間も一部延長した。22日に結果が発表され、各地の説明会を経て、1次通過者が希望する省庁で面接に臨む。
 政府は水増し問題の再発防止策として、障害者雇用促進法の改正案を今国会に提出する方針。法定雇用率に算入する障害者の確認方法を明記するほか、厚生労働省が各省庁や自治体に報告を求める内容となる。
引用元:朝日DIGITAL 2/3(日) 19:51配信
⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000050-asahi-soci
 
大日本住友 抗精神病薬「ラツーダ」が中国で承認
2019-01-31
■大日本住友 抗精神病薬「ラツーダ」が中国で承認
 
大日本住友製薬は1月29日、抗精神病薬「ラツーダ」(一般名・ルラシドン)が統合失調症を対象に中国で承認されたと発表した。承認は1月24日付。中国子会社が2019年度中に発売する。
同社がラツーダを中国で申請したのは15年12月で、申請から3年越しの承認となった。同薬は18年3月期に1786億円を売り上げた同社の最主力品。日本では、統合失調症と双極I型障害うつの適応で19年度上期に申請する予定。
 
 
■プロトセラ 藤田医科大学と自閉症スペクトラム症新薬の共同研究へ
 
ウシオ電機は1月29日、子会社・プロトセラと藤田医科大学が、自閉症スペクトラム症の新薬開発に向けた共同研究契約を結んだと発表した。結節硬化症に伴って発症する自閉症スペクトラム症にはmTOR阻害薬エベロリムスが有効とされるが、共同研究では同薬のmTOR阻害作用以外に有効な薬理作用をもたらすバイオマーカーペプチドを探索。一般の自閉症スペクトラムの診断法・治療法の開発につなげる。

引用元:Answers News (2019年1月29日)
⇒https://answers.ten-navi.com/pharmanews/15532/
 
【コンボお知らせメール便】2019/01/30 (水)
2019-01-30
【コンボお知らせメール便】2019/01/30 (水)
★HEADLINES★
(1) 第56回こんぼ亭 (2/16): 「超短時間雇用とはナンだ?」~事前申込受付中~
(2) コンボ後援: 「こころのピアサポートフォーラム2019 in 北海道」(札幌市厚別区)
(3) コンボ耳より情報:ピアサポートワーカー研修生募集@価値に基づく支援者育成事業
(4) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪1≫ 第56回こんぼ亭月例会
   『超短時間雇用とはナンだ?』
      2019年2月16日(土)
     ~事前申込受付中~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 2月のこんぼ亭のお客様、近藤武夫先生は、2016年に障害者の超短時間
雇用プロジェクトを始めました。これまで、ソフトバンク株式会社と連携して
非常に短い時間から障害者を雇用できる社内制度を構築したり、川崎市や
神戸市などの自治体と連携して、その自治体にある多くの企業で15分という
超短時間から雇用ができる地域システムをつくってきました。
 働く人も雇用主もうれしい超短時間雇用のこと、知りたくありませんか?
   ☆詳細はコンボのHPから
   → https://www.comhbo.net/?page_id=19713
   ☆案内チラシはこちらから
   → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/56comhbotei-flier.pdf
   ☆ウェブ申込はこちらから(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応)
   → https://peatix.com/event/577100
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〇近藤武夫さん(東京大学先端科学技術研究センター) 
 〇企業人事担当者、ほか (調整中)
 ★こんぼ亭亭主(ご案内役):
  伊藤順一郎 (メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ;コンボ共同代表)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&会場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2019年2月16日(土)   
      13:00~15:30 (12:30開場) 
 【会場】 タワーホール船堀 小ホール
      (東京都江戸川区船堀4-1-1)
      〇アクセス: 都営新宿線「船堀駅」北口より徒歩1分
 【参加費】 事前申込 3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
         TEL: 047-320-3870
         FAX: 047-320-3871
         EMAIL: comhbotei@gmail.com

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪2≫ コンボ後援イベント
 ☆北海道ピアサポート協会主催☆
  「こころのピアサポートフォーラム2019in北海道」
    2019年2月16日(土)~17日(日) (札幌市厚別区)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 今年も「こころのピアサポートフォーラム」を開催いたします。さまざまな「こころ
の生きづらさ」を抱えた方、支援をされている方を中心に、2日間にわたり基調
講演やパネルディスカッション、分科会を開催する予定です。今回のテーマは
「発進!~拡がるピアサポート~」です!
  ◎詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください(プログラム、申込方法など)
    http://www.hokkaido-peersupport.net/
  【日時】 2019年2月16日(土)13:30 - 18:00
            2月17日(日) 9:30 - 13:00
  【会場】 北星学園大学(札幌市厚別区大谷地西2-3-1)
       〇アクセス: http://www.hokusei.ac.jp/access/
  【お問合せ】
     北海道ピアサポート協会
     TEL:011-577-6693
     E-mail:event@hokkaido-peer.net

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪3≫コンボ耳より情報
   <価値に基づく支援者育成事業>
   「ピアサポートワーカー研修生募集」
     2019年3月2日(土) 申込締切
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 昨年11月のこんぼ亭にご登場いただいた笠井清登先生(東京大学大学院
医学系研究科教授)も参加されている「価値に基づく支援者育成事業」では、
ピアサポートワーカー研修生を募集しています。
 実習に加え、シニアピアスタッフや専門職による講義やスーパーバイズを
受けることが出来ます。一歩先ゆく仲間として、当事者と共にリカバリーの
旅路を歩み、主体的意思決定をサポートできるピアサポートワーカーを育成
することを目指しています。
 研修は、東京大学本郷キャンパス内東京大学医学部附属病院で行われ
ます。応募要件等、詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
  ◎<価値に基づく支援者育成事業> 養成コースD
    ピアサポートワーカー研修生募集
    https://co-production-training.net/course/
  【お問合せ】
    東京大学医学部附属病院内
    価値に基づく支援者育成事業 事務局
      E-mail: utokyo.co.production.training@gmail.com
      TEL: 03-3815-5411(内線33617)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪4≫ コンボ★イベント
     最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

 ◎家族まるごと支援研修会in 名古屋◎
 【日時】2019年2月10日(日) 13:00~16:00
 【会場】オルバースビル4階 会議室 (愛知県名古屋市中村区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19681
  ☆チラシはこちらから(申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/FAM2018nagoya-fliers.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/570136
 ◎第57回こんぼ亭月例会◎
 「もしも「死にたい」と言われたら、、、」
 【日時】2019年3月16日(土)
 【会場】小松川さくらホール多目的ホール(東京都江戸川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=20704
  ☆チラシ
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/01/57konbotei_omotes.pdf
  ☆申込用紙
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/01/57-konbotei_ura.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/586190
 ◎アウトリーチ研修会◎
 『これからの地域精神医療・福祉の発展をめざして』
 【日時】2019年3月23日(土) 13:00~17:00
 【会場】長崎ウエスレヤン大学 鮫島ホール(長崎県諫早市)
  ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップいたします

○=========================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○=========================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さま
 からのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どう
 ぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間6,000円です(2018/4/1改定)
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
   《書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
   《DVDの紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
   《電子書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=13458
 【寄付を通じて】
   ☆コンボのホームページ(寄付のお願い)
       https://www.comhbo.net/?page_id=182
   ☆CANPAN決済サービスのページ
       (クレジットカード決済、コンビニ支払いに対応)
       https://kessai.canpan.info/org/comhbo/
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・
  ファックス・郵送でもお受けしております。
○=========================○
  《競輪の補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ●ACT・アウトリーチ及び共同意思決定システムの推進
   ●リカバリーフォーラム発信
○=========================○
  《うるおい日本プロジェクト》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○=========================○
**************************************************
☆「コンボお知らせメール便」は、コンボ職員に名刺を下さった方々、メール
  アドレスをご登録いただいた方々にお送りしております。
**************************************************
☆「コンボお知らせメール便」の配信を止めたい方は、こちらまでご連絡ください。
  ⇒ info@comhbo.net  (コンボ広報チーム)
**************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: https://comhbo.net
Twitter: https://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
Instagram: https://www.instagram.com/comhbo2017/
Blog: https://ameblo.jp/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
 ※メルマガ以外のお問い合わせ等お急ぎの場合は
 コンボに直接ご連絡ください。
**************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
引用元:【コンボお知らせメール便】2019/01/30 (水)
 
 
<<NPO法人みどり会>> 〒984-0826 宮城県仙台市若林区若林2-5-5
SKビル 2-B (みどり工房若林内) TEL:022-762-7610 FAX:022-762-7611