NPO法人みどり会|宮城|福祉|就労支援

 

2018年

 

情報広場について

情報広場について
 
 このページでは、主に仙台市内のメンタルヘルスに関する情報を掲載しています。
 

記事

記事
フォーム
 
引用元:コンボお知らせメール 2019/01/18
2019-01-18
 長野県の飯田市立図書館のホームページで、「こころの元気+」を紹介して
いただきました!「よむとす~こんな本いかが~」という、蔵書を紹介するページ
の、最新ページです。(http://www.iida.nanshin-lib.jp/0000000637.html
 図書館の中には、「こころの元気+」を置いていただいているところもあるの
だろうなあとは思っていますが、実は正確なところはコンボでもわかっていませ
ん。そんな中、こんなふうに紹介していただいて、とても嬉しいです!司書さん、
どうもありがとうございます!

★HEADLINES★
(1) 第55回こんぼ亭 (1/19): 「精神科医療の未来を語る」~当日参加できます~
(2) コンボ耳より情報: 「子ども・若者ケアラーについての事例検討会」 (埼玉県さいたま市)
(3) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪1≫ 第55回こんぼ亭月例会
   『精神科医療の未来を語る』
      2019年1月19日(土)
     ~当日参加できます~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 今週末のこんぼ亭月例会、まだお席がありますので、当日参加ご希望の
かたは、直接会場にお越しください。
 今回のテーマについては、すでにお電話やメールで、いろいろなご意見が
寄せられています。(病院にお勤めのお医者さん、拘束された経験をもつ
当事者の方、などなど)「日本の精神科医療の未来」について、私たち一人
一人がこれからできることは何か? 皆さんといっしょに議論できることを
心待ちにしております!
   ☆詳細はコンボのHPから
   → https://www.comhbo.net/?page_id=19608
   ☆案内チラシはこちらから(地図つき)
   → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/11/55-konbotei-omote.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〇大熊一夫さん(ジャーナリスト) 
 〇岡崎公彦さん(岡崎クリニック/ACT-ONE)
 〇宇田川健(コンボ共同代表)
 〇伊藤順一郎 (メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ;コンボ共同代表
            &こんぼ亭亭主)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&会場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2019年1月19日(土)   
      12:00開場 12:30~15:30 
      ※いつもより30分早く始まります※
 【会場】 小岩アーバンプラザ
      (東京都江戸川区北小岩1-17-1)
      〇アクセス: JR総武線「小岩駅」より徒歩15分、または、
              京成線「江戸川駅」より徒歩10分ほど、
 【参加費】 当日参加3500円
 【お問合せ】 認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
         TEL: 047-320-3870
         FAX: 047-320-3871
         EMAIL: comhbotei@gmail.com

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪2≫コンボ耳より情報
   ☆一般社団法人プティパ主催☆
   <あんしん子育てサポートプロジェクト>
     「子ども・若者ケアラーについての事例検討会」
       2019年1月27日(日)  (埼玉県さいたま市)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ヤングケアラーとは、家族にケアを要する人がいる場合に、大人が
担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面の
サポートなどを行っている、18歳未満の子どものことです。
 今回のあんしん子育てサポートプロジェクトでは、精神疾患のある
母親をケアしている若者ケアラーから自身の経験を事例提供いただき、
ケアラーの実態に迫ります。
  ◎詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください
   http://www.petitpas-saitama.org/news/gakusyukai20190127/
   ※定員に達しているかどうかは直接お問合せください。
  【日時】 2019年1月27日(日)13:30~15:30
  【会場】 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
    〇アクセス: https://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/access.html
    〇最寄り駅: 「さいたま新都心駅」(JR京浜東北線など)、
           「北与野駅」(JR埼京線)より徒歩圏内
  【お問合せ】
     E-mail: info@petitpas-saitama.org
     TEL: 048-423-6701

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪3≫ コンボ★イベント
     最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎アウトリーチ研修会◎
 『アウトリーチとピアサポートを考える』
 【日時】2019年1月27日(日) 13:00~17:00
 【会場】TKP新大阪ビジネスセンター4階ホール4A (大阪市淀川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=20200
  ☆チラシはこちらから
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/outreachpeer.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://comhbo-outreach.peatix.com/
 ◎IMR研修会in 沖縄◎
 【日時】2019年2月3日(日) 10:00~16:00
 【会場】平安病院 5階 多目的ホール (沖縄県浦添市)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19443
  ☆チラシはこちらから(申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/11/IMR2018okinawaflier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/569326
 ◎家族まるごと支援研修会in 名古屋◎
 【日時】2019年2月10日(日) 13:00~16:00
 【会場】オルバースビル4階 会議室 (愛知県名古屋市中村区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19681
  ☆チラシはこちらから(申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/FAM2018nagoya-fliers.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/570136
 ◎第56回こんぼ亭月例会◎
 「超短時間雇用とはナンだ?」
 【日時】2019年2月16日(土)
 【会場】タワーホール船堀 小ホール(東京都江戸川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19713
  ☆チラシ(申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/56comhbotei-flier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/577100
 ◎第57回こんぼ亭月例会◎
 「もしも「死にたい」と言われたら、、、」
 【日時】2019年3月16日(土)
 【会場】小松川さくらホール多目的ホール(東京都江戸川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=20704
  ☆チラシ
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/01/57konbotei_omotes.pdf
  ☆申込用紙
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/01/57-konbotei_ura.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/586190

○=========================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○=========================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さま
 からのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どう
 ぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間6,000円です(2018/4/1改定)
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
   《書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
   《DVDの紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
   《電子書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=13458
 【寄付を通じて】
   ☆コンボのホームページ(寄付のお願い)
       https://www.comhbo.net/?page_id=182
   ☆CANPAN決済サービスのページ
       (クレジットカード決済、コンビニ支払いに対応)
       https://kessai.canpan.info/org/comhbo/
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・
  ファックス・郵送でもお受けしております。
○=========================○
  《競輪の補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ●ACT・アウトリーチ及び共同意思決定システムの推進
   ●リカバリーフォーラム発信
○=========================○
  《うるおい日本プロジェクト》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○=========================○
**************************************************
☆「コンボお知らせメール便」は、コンボ職員に名刺を下さった方々、メール
  アドレスをご登録いただいた方々にお送りしております。
**************************************************
☆「コンボお知らせメール便」の配信を止めたい方は、こちらまでご連絡ください。
  ⇒ info@comhbo.net  (コンボ広報チーム)
**************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: https://comhbo.net
Twitter: https://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
Instagram: https://www.instagram.com/comhbo2017/
Blog: https://ameblo.jp/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
 ※メルマガ以外のお問い合わせ等お急ぎの場合は
 コンボに直接ご連絡ください。
**************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
 
引用元:コンボお知らせメール 2019/01/18 (金) 9:44
 
 
「アイアムヒア僕はここにいる」ぼくの歩み~発達障害とともに~上映会
2019-01-17
「アイアムヒア僕はここにいる」
ぼくの歩み~発達障害とともに~上映会
自律訓練法講座・グループディスカッション
 
 日常生活に支障がないものの、発達がアンバランスなために学校や社会の中で生きにくさを感じ、苦しんでいる"発達障害"の人たちへの理解と支援について考えるきっかけとなる映画です。子育てのヒントもいっぱいです。
 自律訓練法講座で、心身のバランスを整えるトレーニングを体験し、不安・ストレスを解消してみませんか。子育ての悩み、震災などによる不安やストレス、生きづらさなど、グループで気軽に話し合ってみましょう。
 
●日時 2月11日(月)13:00~16:30(受付12:45)
 
●会場 仙台銀行ホール イズミティ21 会議室(2F)仙台市泉区泉中央2丁目18-1
 
●講師 石川 泰氏(東京心理教育研究所カウンセラー・臨床心理士・スクールカウンセラー)
 
●内容 第1部 13:00~14:00 「アイアムヒア僕はここにいる」上映会
        14:00~15:00 自律訓練法講座
            ・・・(自律訓練法とは、一定の言語公式を心の中で反復的に唱えることで、心と体をリラックスさせ心身の安定を図る心理生理学的訓練法です)
    
           第2部 15:10~16:30グループディスカッション
 
●定員 70名 要申込
 
●参加費 無料
 
●申込 ①氏名(フリガナ) ②〒住所 ③電話 ④参加の有無 第1部参加または第1・2部参加 ④託児希望 お子さんの名前 年齢〇〇歳〇〇ヶ月 ⑤この催しを何でお知りになりましたか?
を記入の上、ハガキで、
 
●宛先 
 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目1-3 仙台市市民活動サポートセンター レターケースNo.24 子どもの問題を考える会 行 
 FAX 022-268-4042
 
●問合せ 090-2790-6107(庄子)
 
引用元:「子どもの問題を考える会」広報チラシ
 
障害者アート 良さ広めたい 垣根越え 買ってもらえる喜びを
2019-01-17
障害者アート 良さ広めたい 垣根越え 買ってもらえる喜びを
 
エムザ 東京以外で初 ギャラリー展覧会
 障害者たちの絵画展「騒ぐイマジネーション 障がいのある作家展」が十六日から、金沢市武蔵町のめいてつ・エムザ美術サロンで始まる。東京都世田谷区の障害者アート専門ギャラリー「段々色(だんだんいろ)ギャラリー」が、「古い文化を守り、新しい文化も受け入れる金沢の人たちに見てほしい」と、東京以外で初めて展覧会を企画した。二十二日まで。(堀井聡子)
 
 段々色ギャラリーは、重度の知的、身体障害の娘がいる福江敬太郎さん(58)と妻が運営している。十年前、娘の特別支援学校の作品展を訪れ、作品の色合いの面白さに目を奪われた。だが障害者の作品を展示はしても購入できない場合が多く、本人の収入につながらない。「作品を買ってもらうことで障害者アートを広めたい」と二年前にギャラリーを開設した。
 
 会場では、精神障害や知的障害がある画家七人の作品五十四点を展示する。三カ月かけて色鉛筆で塗り込んだ町並みや、鮮やかな配色で描かれた動物、統合失調症で見えた幻覚の残像など、独特な題材と表現の絵画ばかりだ。
 出展作家の一人で、統合失調症の玉川宗則さん(46)=東京都立川市=は「絵を見て『すごい』と言ってくれる人はいるが、買う人はなかなかいない。ゼロを一にするのはものすごく大変だけど、それを超えられると自信になる」と作品が売れる喜びを語る。
 
 福江さんによると、障害者福祉の関係者の中には、販売に否定的な意見もある。販売していいのか、知的障害者など意思表示がうまくできない人もいるからだ。だが福江さんは「障害に関係なく良い作品を認めてもらい、作家にお金として還元したい。障害者の絵の素晴らしさを見てほしい」と呼び掛けている。観覧時間は午前十時~午後七時半。最終日は午後四時まで。入場無料。
 
引用元:中日新聞 2019年1月16日
⇒http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190116/CK2019011602000046.html
 
非定型抗精神病薬ルラシドン、19年度上期に承認申請方針
2019-01-16
大日本住友 非定型抗精神病薬ルラシドン、19年度上期に承認申請方針 成長戦略品
 
大日本住友製薬は、次期の国内成長戦略品として期待する新規の非定型抗精神病薬ルラシドン(一般名、海外名ラツーダ)について、統合失調症と双極性障害うつを予定適応に2019年度上期(4~9月)に承認申請する方針であると明らかにした。
 
ルラシドンは、米国でラツーダの製品名で販売され、18年度売上見込みは1935億円と同社の成長を支える。日本での開発状況は、双極I型障害うつを対象に日本などで行ったフェーズ3試験で主要評価項目を達成したと2017年6月に発表。その後、統合失調症を対象にしたフェーズ3結果が待たれていたが、19年1月10日に主要評価項目を達成したとの解析結果速報を発表し、両適応を合わせて日本で承認申請することにした。
 
双極性障害メンテナンスについても治験が進められていたが、米国で適応がないことや当局との相談を踏まえて申請しないことにした。同社は試験結果による判断ではないとしている。
 
日本で統合失調症を対象に行ったフェーズ3(JEWEL試験)は483人を対象に、ルラシドン 40mg/日投与群(247人)とプラセボ投与群(236人)に無作為分けた二重盲検比較試験で、主要評価項目である投与6週間後の精神状態を評価する陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)の合計スコアのベースラインからの変化量。その結果、ルラシドン群がプラセボ投与群と比べ統計学的に有意な改善したことが確認された。
 
引用元:ミクスonline 公開日時 2019/01/15 03:50
⇒https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/66867/Default.aspx
 
統合失調症を患う私が久しぶりに再会した友人にかけてもらって嬉しかった言葉
2019-01-16
統合失調症を患う私が久しぶりに再会した友人にかけてもらって嬉しかった言葉
 
病状悪化、入院と症状の酷い時には一時友人との交流を自ら断ってしまいましたが、寛解と言えるまで回復した時、私は以前止めてしまっていたFacebookを再開したことをきっかけに、再び学生時代の友人と交流ができるようになりました。その後、実際に再会した時に友人から言われて嬉しかった言葉をまとめてみました。
 
元気そうで良かった
現在私は関西在住ですが、関東に住む親戚の家に泊まりに行くことになり、そして上記のとおりFacebookを再開した際に1人の学生時代の友人が泊まりに行く予定の親戚の家の近くに住んでいることが分かり、また友人のほうから会えたらいいねと言ってくれたお陰で再会することとなりました。その友人は結婚し、今年生まれたばかりのお子さんもいて、実際に再会した時には赤ちゃんも一緒に来てくれました。一緒にランチをし、私が最近はちょっとした旅行をしつつ就職活動中なことを話すと、無理せずゆっくりでいいと思うよと言ってくれ、その友人自身が出産前までは看護師として働いていた経験があることでかけてくれる言葉には説得力がありより勇気付けられました。「元気そうで良かった」と言われた時には、そう見えるのかな、と少し嬉しかったです。帰り際にはその友人とお子さんと私の3人で写真も撮り、良い記念になりました。
 
会って無駄な時間を過ごしたとは思わないよ
毎日仕事で忙しいはずの友人と再会した際、私にとってその友人との再会は、家族や親戚以外の人と出かけるというかなり久しぶりの出来事だったので、どう思われるか心配でした。しかし、会ってすぐに友人は再会を喜んでくれ、こんな働けてもない私と会ってくれてありがとうと私が言うと、「みんなそれぞれ毎日頑張っている中でこうして会うのは、会って無駄な時間を過ごしたとは思わないよ」と言ってくれ、お陰で会っても良いのだと安心し、私自身これからより毎日努力して、再び友人と会う時には少しでも成長した自分を見せられたらなと思うようにもなりました。
 
もう一生会えないかもと思っていたから会えて嬉しい
この言葉をかけてくれた友人は、今年関西で大きな地震があった際、私の家が震源地に近いことを心配し連絡をくれたことをきっかけに再会することになりました。再会した時にはその友人と私を含めて4人で夕食を食べました。皆、学生時代に軽音楽部で共にした仲間です。再会してみると友人はすっかりキャリアウーマンという感じで綺麗になっていて、私も頑張らなくちゃいけないなと思いましたが、話していると学生時代のまま、相変わらずという感じで安心もしました。その友人は「軽音楽部の仲間でそのうち(私から)きっと連絡をくれるはずだからその時まで待とう、と言ってはいたけど、もう一生会えないかもと思っていたから会えて嬉しい」と言われ、皆そんなことを思っていてくれたのだ、私のことも話題にしてくれていたのだなと嬉しく、また申し訳なくも思いました。この時も、別れ際には皆で写真を撮り、時々この写真を見返しては私にも仲間がいると勇気づけられています。
 
10年ぶりでも変わってないね
病気を患う前の高校卒業のころから会っていなかった友人と会い、楽しい夕食を食べました。とても明るく、人として素敵だなと思う彼女は、自身の恋愛話など赤裸々に語ってくれとても楽しかったです。「何年ぶりかな?高校卒業以来なら10年ぶり?10年ぶりでも変わってないね」と言われ、久々の再会を喜ぶと同時に、会っていなかった間の年月を感じさせない姿だったのかなと安心もしました。
音信不通だったことを心配してくれていた友人達は、一応は私が元気に暮らしていることを知り再会を喜んでくれましたが、そんな友人たちと今後も時々連絡を取ったり会ったりして、学生時代以上の関係性が築けたら嬉しいです。
 
ライタープロフィール
 
あおぞら
アラサー女のあおぞらです。抱えている障害は統合失調症。学生時代に芸術大学で学んでいた経験から、現在も美術鑑賞、イラスト制作は趣味で、最近はまっているのは韓流ドラマとお笑い芸人がパーソナリティの深夜ラジオ。最近頑張っていることはジムでのトレーニング。楽しいことや美味しい物が好きなマイペース人間です。現在は就職活動中です。
 
引用元:障害者.com 2019.1.14
⇒https://shohgaisha.com/news/words_from_my_friend/
<<NPO法人みどり会>> 〒984-0826 宮城県仙台市若林区若林2-5-5
SKビル 2-B (みどり工房若林内) TEL:022-762-7610 FAX:022-762-7611