NPO法人みどり会|宮城|福祉|就労支援

 

2018年

 

情報広場について

情報広場について
 
 このページでは、主に仙台市内のメンタルヘルスに関する情報を掲載しています。
 

記事

記事
フォーム
 
幻視、幻聴や妄想と闘う“統合失調症患者の日常”
2019-01-14
母親を殺しそうになって自覚…幻視、幻聴や妄想と闘う“統合失調症患者の日常”
 
「みんなが自分の悪口を言っている」「盗聴器が仕掛けられている」…こうした被害妄想や幻覚が現れる「統合失調症」は、思春期や青年期などに発症することが多いとされる慢性的な精神疾患。薬を服用しながら病状をコントロールし、日常生活が営めるように治療していくが、完治は難しいとされている。
 そんな統合失調症は、周囲の人に苦しみを理解してもらいにくいのも特徴。しかし、『統合失調症日記』(木村きこり/ぶんか社)を手に取れば、病気と上手に付き合うヒントが見いだせるかもしれない。
 
■高校生のときに発症し、受験浪人した著者は――
 著者の木村氏に統合失調症の症状が出始めたのは、高校3年生の頃。当時、美大受験を考えていた木村氏はある日突然、教科書に記されている文字が絵に見えるようになってしまった。病気の発症を機に、成績はダウン。友達関係もうまくいかなくなり、受験にも落ちた。その後は予備校生活を開始したが、芸大を3浪し、引きこもりに…。
 引きこもり中にも幻聴はあり、木村氏はストレスを発散するため暴れ始めた。だが、ある日母親を殺そうとしてしまった自分に驚き、精神科を受診。そこで統合失調症であると診断された。
 統合失調症は、自分には関係のない病気だと思っている方も多いかもしれない。しかし、実はおよそ100人にひとりが発症するといわれている精神疾患だ。この割合は民族や文化、時代などに関係なく変わらないとされている。
 また、統合失調症には症状の幅が広いという特徴もある。患者の中には通院や投薬を行いながら自立した社会生活を送っている人もいれば、自傷や他害の可能性があり、緊急入院を必要とする人もいる。
 統合失調症の発症メカニズムは、まだよくわかっていない。そのため、もしもイヤな声が聞こえたり、見えるはずのないものが見えたりするという場合は、精神科の扉を叩いたり、周囲に相談できる人を作ったりしていこう。
 
■統合失調症とどう付き合っていくか?
 もし統合失調症であると診断されたら、どうしていいのか悩んでしまうだろう。そんな時こそ、本作を参考にして病気とどう付き合っていくかを考えてみてほしい。
 木村氏の場合は、大学の相談室で臨床心理士やソーシャルワーカーの方にアドバイスをもらっていた。日本ではまだ精神疾患の患者に対して心無い視線が向けられることが多いからこそ、自分の病気を包み隠さず話せる存在が重要なのだ。
 また、もし身近な人が幻覚を訴えたり、被害妄想のような話をし始めたりした場合は、まず抱えている苦しみを受け止めてあげることが大切。落ち着いた環境で、否定せずに耳を傾ければ、当事者も胸の内を打ち明けやすくなるだろう。
 ただし、あまりにも幻覚が酷かったり、話の内容が支離滅裂だったりするときは、専門機関での治療をすすめよう。本人が病院の精神科や心療内科を拒む場合は、心理カウンセラーや職場の相談室をすすめ、治療のレールへ乗せてあげる必要がある。
 統合失調症は、同じく精神疾患である「うつ病」よりも、まだ世間からの理解が得られていない病気だ。ひとりで悩んでいる方や統合失調症患者をサポートしたいと考えている方は、ぜひ木村氏の実体験に触れ、病気との向き合い方を模索していこう。
文=古川諭香
 
この記事で紹介した書籍
 
統合失調症日記
作家:木村きこり 出版社:ぶんか社 発売日:2018/04/10 ISBN:9784821144778
 
引用元:読みたい本がここにある 2019/1/13
⇒https://ddnavi.com/review/512913/a/
 
統合失調症を患う私にとって良い気分転換になる趣味の話
2019-01-12
統合失調症を患う私にとって良い気分転換になる趣味の話
 
私は統合失調症を発症し、療養を初めてから意識して趣味の充実を心掛けました。無趣味だったとは言いませんが、なかなか根気強く1つのことを続けられず、そのせいで自信の持てない時期もありました。今後就職を目指すにあたり、就職活動中、そして就職後もやるべきことが終わった後は趣味を楽しみたいものです。ここでは、私が今既に趣味として日々楽しんでいることについてお話させていただきたいと思います。
 
休日のたっぷりとした睡眠
平日は就労移行支援事業所に通っていたり、最近では企業実習に通っていたりで、毎朝7時前には起床しており、眠たい目をこすりながら家を出る毎日です。寝るのは23時頃と睡眠時間としては毎日8時間ほど確保していますが、それでも朝早起きするとなると、多少のストレスがかかってきます。これから解放されるのが主に土曜日と日曜日です。10時頃まで寝て、朝ごはんを食べずに少し待って昼ごはんを食べる、というパターンが多いのですが、昼前まで寝るのはできる限り土曜日か日曜日、どちらか片方にしようと心掛けてはいます。折角のお休みに2日間とも寝てばかりだと、なんとなく罪悪感に苛まれてしまうからです。
 
休日の外食
主に土曜日の昼食に家族で外食することが多いです。よく行くのがラーメン店と回転寿司です。今住んでいる家は引っ越して来て1年も経っていないのもあり、インターネットで近所の美味しそうなラーメン店を調べては、休みになったら行こうと楽しみにしている日もあります。食べる事が元々好きなので、好きなものをお腹いっぱい食べることはストレス解消になります。好きなラーメンは醤油とんこつ、好きな寿司ネタはサーモンです。
 
読書
一説によると、読書は同じ時間音楽を聞くよりもストレスが解消されるそうです。私は学生時代にはほぼ読書はしてこなかったので、もっと若い頃から読書をしていれば良かったかなと後悔の気持ちもあります。それくらい、読書は楽しい、ためになると思えるようになりました。主に小説だとラブストーリーや家族もの、お仕事ものなど楽しく読める作品が好きで、漫画も読みます。時にはハウツー本や啓発本を読むこともあり、読んだ本は読書量チェックアプリで記録しています。
 
映画鑑賞
過去には、特に家での映画のDVD鑑賞時に、冒頭10分くらいで眠たくなってしまうことがよくあった私ですが、現在は難しかったり、重いテーマであったりではない限り2時間ほどの鑑賞は問題なくできるようになりました。よく読む小説同様、映画もジャンルとしては漫画や小説原作の軽いストーリーなど、ラブストーリー、ヒューマンドラマなどを鑑賞することが多いです。障害者割引を利用して劇場にて映画鑑賞することも月に2回ほどあり、友人や家族とお得に楽しく鑑賞しています。
 
韓流ドラマ鑑賞
ここ1年ほどマイブームなのが韓流ドラマの鑑賞です。韓流ドラマは1つの作品につき20話以上のものがほとんどで、本国にてリアルタイムで放送されている時には1週間に2日放送日があるそうです。週末に2巻ほどレンタルショップでDVDを借りては平日の夜に鑑賞し、を繰り返しているので1つの作品を観終わるのに1カ月半ほどかかりますが、これは!という当たりの作品に出会えると毎日楽しみがあって幸せです。日本のドラマも観ますが、日本のドラマだと12話程度と短い期間の中での展開に対して、20話以上続く韓流ドラマは何気ない日常が描かれているシーンも多く、本や映像作品においても、いわゆる日常系が好きな私にとって韓流ドラマは楽しめるポイントが多いです。
 
スポーツジムでのトレーニング
ジムに行くまでは億劫なときも多いですが、ジムに着いてトレーニングを初めてしまえば身体を動かすことは楽しいなと思えます。基本的にまず軽くストレットをし、約10のマシンを使って筋トレを30分ほどし、30分ほどバイクを漕いで有酸素運動を行っています。だいたい、週に2日ほど一回1時間ほどのトレーニングで目に見えて効果があるのが、なぜか顔のリフトアップです。面白いほど効果がありますので、おそらく身体も顔も一つの皮膚で繋がっているからこその効果と思われます。やはり適度な運動は心身の健康、そして美容のためにも必要だなと思います。
いかがだったでしょうか?インドアなことからアウトドアなことまで、意識的に趣味の幅を広げたとはいえ、まだまだ内容的には浅いです。今後はより深く趣味を楽しむことで、オンオフの切り替えを明白にし、少しでもストレスの溜まらない生活を目指したいと思います。
 
ライタープロフィール
 
あおぞら
アラサー女のあおぞらです。抱えている障害は統合失調症。学生時代に芸術大学で学んでいた経験から、現在も美術鑑賞、イラスト制作は趣味で、最近はまっているのは韓流ドラマとお笑い芸人がパーソナリティの深夜ラジオ。最近頑張っていることはジムでのトレーニング。楽しいことや美味しい物が好きなマイペース人間です。現在は就職活動中です
 
引用元:障害者.com 2019.1.11
⇒https://shohgaisha.com/news/hobby/
 
大日住薬がルラシドンの統合失調症を対象にしたフェーズ3試験で良好な結果
2019-01-12
 大日住薬がルラシドンの統合失調症を対象にしたフェーズ3試験で良好な結果
 
大日本住友製薬<4506>がこの日の取引終了後、非定型抗精神病薬「ルラシドン塩酸塩」の統合失調症に対するフェーズ3試験で、良好な解析結果を得たと発表した。
 同治験は、日本での承認取得を目的としたもので、統合失調症患者483人を対象に多施設共同、プラセボ対照、ランダム化、二重盲検比較試験を実施。この結果、主要評価項目を達成するとともに、良好な忍容性を示したという解析結果速報を得たという。同社では同試験の結果と、既に終了した双極1型障害うつを対象としたフェーズ3試験の結果に基づき、20年3月期上期に日本におけるルラシドンの製造販売承認申請を行う予定としている。
出所:みんなの株式(minkabu PRESS)
引用元:Kabutan 2019年1月10日 16時00分
⇒https://s.kabutan.jp/news/n201901100867/
 
統合失調症を患う私が思い描く未来の私
2019-01-11
統合失調症を患う私が思い描く未来の私
 
現在は就労移行支援事業所に通いながら就職活動を行っている私ですが、もちろん就職することが第1の目標ではあるものの、こうなりたいなと思い描く夢は他にもいくつかありますので、1つずつお話してみたいと思います。
 
就職
今の第1の目標は就職することです。大学時代より体調を崩しがちで卒業まで7年かかり、大学卒業後も病状悪化のため療養を余儀なくされた私は、20代後半になった今でも学生時代のアルバイト以外でのまともな就労経験はありません。徐々に焦りも感じると同時に、就職活動を行ってはいるものの、まともな就労経験の無い中、そして未経験な職種では最終面接までいっても採用とはならず、そもそも書類審査の時点で不採用となるケースが多いです。目標としては2019年の4月頃までの就職としていますが、あくまで目安です。なかなか思うように就職活動が進まないといえ、あまり妥協もしたくはありませんし、就労移行支援事業所のスタッフにも協力していただき頑張りたいと思います。
 
一人暮らし
無事就職できて一人暮らしをするのに十分な収入を得て、精神的にも自立できると自信がついてからですが、一人暮らしもしてみたいなと思います。ただ、家族とは仲も良く、実家は居心地が良いので一人暮らしをしようと決心するまで時間はかかりそうです。一人暮らしをしても週末は実家に帰るという行動パターンになるかもしれませんが、両親もいつまでも元気でいるわけではなく、将来的には私が両親を支えなくてはいけなくなる日もやってくるでしょうし、まず、自分のことは自分でできるようになりたいものです。
 
親孝行
家事を手伝うなど、今すぐにできることもあるとは思いますが、私には自分が働いて稼いだお金で定期的に家族を食事に連れて行ってあげたいという小さな夢があります。インターネットなどで評判のお店を調べておいて、ここはどう?と家族と楽しく相談することも楽しみなことの一つでもあります。今思い浮かぶのは、ドラマの影響ではあるのですがビアバーに家族で行きたいなと思います。先ほど述べた、今すぐにでもできる親孝行もできれば頑張りたいところではありますが、ここ最近は企業実習等、自分のことで精いっぱいで、なかなか家族への配慮ができていないのが現状です。何かしてもらったことに対して「ありがとう」をきちんと言うなど、小さなことでも良いから親孝行したいものです。
 
結婚
今すぐに結婚とまではいかなくても、異性とお付き合いしてみたいなと思います。私自身は20歳頃から体調を崩しがちで、なかなか家族以外の人としっかりとした信頼関係を結ぶということが難しかったこともあり、異性とお付き合いした経験が無いので、恋愛ドラマなどを見てはいいなと憧れてもいます。障害を持っていても大丈夫、と言ってくれる人がはたして現れるのか、と不安ではありますが、それこそ就職すればより人間関係も広がるでしょうし、職を持てば恋活パーティーなどに足を運んでみたいなとも思います。
20歳頃から病気を患い、普通の人と比べるとかなり出遅れてしまったかな、とは思いますが、より普通の若者らしい生活を送りたいなと思う毎日です。ここで挙げた目標に向けて、日々スモールステップを重ね、5年、10年と経った時にあの時頑張ってよかったなと思えるよう頑張りたいと思います。
 
ライタープロフィール
 
あおぞら
アラサー女のあおぞらです。抱えている障害は統合失調症。学生時代に芸術大学で学んでいた経験から、現在も美術鑑賞、イラスト制作は趣味で、最近はまっているのは韓流ドラマとお笑い芸人がパーソナリティの深夜ラジオ。最近頑張っていることはジムでのトレーニング。楽しいことや美味しい物が好きなマイペース人間です。現在は就職活動中です。
 
引用元:障害者.com
⇒https://shohgaisha.com/news/future_me/
 
 【コンボお知らせメール便】
2019-01-10
 明けましておめでとうございます。旧年中のご支援、ご意見や励まし等々、
あらためまして、心よりお礼申し上げます。本年も引き続き、どうぞよろしく
お願いいたします。
 仕事始めの1/7(月)、久しぶりに事務局を開けたら、窓際に置いてある
「幸福の木」に蕾がついていました。年末の大掃除の時には、何もなかった
のです。こいつァ春から縁起が良いわい!

★HEADLINES★
(1) 家族"まるごと"支援と家族のリカバリーin名古屋 (名古屋市中村区)
(2) コンボ後援: きらりの集い2019 in しまね(島根県松江市)
(3) コンボ後援: シンポジウム「精神・発達障害者の就労定着のために」 (東京都品川区)
(4) コンボ耳より情報: 平成31年度厚生労働行政モニターの募集
(5) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
≪1≫ リカバリー全国フォーラム地方版分科会
 「家族"まるごと"支援と家族のリカバリー in 名古屋
    ~それぞれの立場の困難とピアサポート~」
     2019年2月10日(日) (愛知県名古屋市)
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボでは昨年に引き続き日本財団からご支援をいただき、リカバリー
フォーラム発信事業を行っています。その一環として、リカバリーフォー
ラムの分科会が各地に伺います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 家族"まるごと"支援と家族のリカバリー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これまで精神科領域では、家族というと親の立場をさすことが多かったため、
さまざまな立場の家族の困難の実態は知られていません。最近では精神疾患
のある親に育てられた子どもの存在もマスコミで注目されるようになり、彼ら
自身による活動も始まっています。その中で、家族支援のあり方が変化して
きています。
 従来の、家族を「待つ支援」ではなく、家庭にアウトリーチをして家族まるごと
の支援を実現することが求められているのです。
 この分科会では、親・きょうだい・配偶者・子どもといった様々な立場の家族の
困難を知るとともに、家族自身のピアサポートの可能性を探り、当事者と一緒に
家族のリカバリーを考えたいと思います。
  ☆詳細はコンボのHPから(プログラム、参加費、申込方法など)
  → https://www.comhbo.net/?page_id=19681
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/FAM2018nagoya-fliers.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応)
  → https://peatix.com/event/570136
  【日時】
    2019年2月10日(日) 13:00~16:00  (受付開始 12:30)
  【会場】
    オルバースビル4階 貸会議室
    〇アクセス: https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/fam2018nagoya-map.png
    〇最寄り駅: JR名古屋駅より徒歩圏内 
  
  【出演者】
    〇親の立場の方
    〇きょうだいの立場の方
    〇子どもの立場の方(精神疾患の親をもつ子どもの会「こどもぴあ」)
    〇前田直(杏林大学作業療法科・配偶者の会代表)
    〇横山恵子(埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科)
  【お申込み&お問い合わせ】
     認定NPO法人コンボ
     TEL: 047-320-3870
     FAX: 047-320-3871
     E-mail:  family@comhbo.net

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪2≫ コンボ後援イベント
  「きらりの集い2019 in しまね」
  2019年1月13日(日)~14日(月・祝)(島根県松江市)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 きらりの集いは、ピアサポートとリカバリーをテーマに、精神障がいをもつ
当事者と支援者が共同でつくるイベントです。これまで福岡、鹿児島、佐賀、
名古屋、沖縄で開催されてきました。「きらり」と光る可能性を見つけにきま
せんか?
  ◎詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください
    https://shimanekirari.wixsite.com/2019
    ※島根大会の実行委員の皆さんには、昨年9月のリカバリ―
      全国フォーラム分科会にもご出演いただきました!
    ※当日参加可かどうかは、大会実行委員会にお問合せください。
  【日時】 2019年1月13日(日)~14日(月・祝)
  【会場】 島根県民会館 (島根県松江市殿町158)
       〇アクセス: https://shimanekirari.wixsite.com/2019/blank-2
  【主催・お問合せ】
     きらりの集い2019 in しまね実行委員会
     E-mail:shimanekirari@gmail.com
     FAX:0852-32-9051

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪3≫ コンボ後援イベント
 ☆NPO法人全国精神保健職親会主催☆
  シンポジウム「精神・発達障害者の就労定着のために」
     2019年1月25日(金)(東京都品川区)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 平成30 年4月、精神障害者の雇用が義務化されました。そんな中、中央
省庁で障害者雇用者数の水増し問題が発覚しました。全国精神保健職親
会(Vfoster:ブイ・フォスター)はこの数年、精神・発達障害者の雇用マネジ
メントをサポートする活動を展開して参りましたが、その成果報告と併せて
この問題への検討を行います。
  ◎詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください(プログラム、申込など)
  http://vfoster.org/event_detail.php?id=75
  【日時】 2019年1月25日(金)11:00~16:30
  【会場】 人事労務会館 大会議室
    〇アクセス: http://www.jinji-roumu-kaikan.jp/access.html
    〇最寄り駅: 「大崎駅」(JR山手線など)、「大崎広小路」(東急池上線)
            より徒歩圏内
  【お問合せ】
     NPO法人全国精神保健職親会(JSN地域・企業連携事業部内)
     TEL:06-6307-1616 
     E-mail:event@vfoster.org

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪4≫ コンボ耳より情報
    平成31年度 厚生労働行政モニター募集
     2019年1月11日(金)応募締切
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 厚生労働省で、国民生活に密着した厚生労働行政の重要施策などに
関して、広く一般国民からご意見などを伺うための厚生労働行政モニター
を募集しています。主な仕事は、厚生労働省の政策に関するアンケート
調査への回答(年3回を予定)だそうです。
   ☆詳細こちらから
   → https://www.mhlw.go.jp/stf/monitor31bosyu_02388.html
     ※応募締切: 1/11(金)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪5≫ コンボ★イベント
     最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎第55回こんぼ亭月例会◎
 新春スペシャル「精神科医療の未来を語る」
 【日時】2019年1月19日(土)
 【会場】小岩アーバンプラザ(東京都江戸川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19608
  ☆チラシ(申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/55-konbotei-flier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/574300
 ◎IMR研修会in 沖縄◎
 【日時】2019年2月3日(日) 10:00~16:00
 【会場】平安病院 5階 多目的ホール (沖縄県浦添市)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19443
  ☆チラシはこちらから(地図つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/11/IMR2018okinawaflier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/569326
 ◎第56回こんぼ亭月例会◎
 「超短時間雇用とはナンだ?」
 【日時】2019年2月16日(土)
 【会場】タワーホール船堀 小ホール(東京都江戸川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=19713
  ☆チラシ(申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2018/12/56comhbotei-flier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://peatix.com/event/577100

●~○~●~○~●~○~●~○~●~○~●
 「こころの元気+」最新号の情報はこちらから!
 https://www.comhbo.net/?page_id=20412
 ☆1月号の特集は「一人暮らし大作戦!」
●~○~●~○~●~○~●~○~●~○~●
○=========================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○=========================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さま
 からのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どう
 ぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間6,000円です(2018/4/1改定)
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
   《書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
   《DVDの紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
   《電子書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=13458
 【寄付を通じて】
   ☆コンボのホームページ(寄付のお願い)
       https://www.comhbo.net/?page_id=182
   ☆CANPAN決済サービスのページ
       (クレジットカード決済、コンビニ支払いに対応)
       https://kessai.canpan.info/org/comhbo/
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・
  ファックス・郵送でもお受けしております。
○=========================○
  《競輪の補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ●ACT・アウトリーチ及び共同意思決定システムの推進
   ●リカバリーフォーラム発信
○=========================○
  《うるおい日本プロジェクト》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○=========================○
**************************************************
☆「コンボお知らせメール便」は、コンボ職員に名刺を下さった方々、メール
  アドレスをご登録いただいた方々にお送りしております。
**************************************************
☆「コンボお知らせメール便」の配信を止めたい方は、こちらまでご連絡ください。
  ⇒ info@comhbo.net  (コンボ広報チーム)
**************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: https://comhbo.net
Twitter: https://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
Instagram: https://www.instagram.com/comhbo2017/
Blog: https://ameblo.jp/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
 ※メルマガ以外のお問い合わせ等お急ぎの場合は
 コンボに直接ご連絡ください。
**************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
 
引用元:【コンボお知らせメール便】
 
<<NPO法人みどり会>> 〒984-0826 宮城県仙台市若林区若林2-5-5
SKビル 2-B (みどり工房若林内) TEL:022-762-7610 FAX:022-762-7611